私立高校説明会

今日は県北・県央地区の私立高校説明会に行ってきました。今年度と来年度で、大きな変更点はあまりなさそうですが、いくつか気になった点を。

 

・水戸女子…相変わらず鈴木校長先生が意欲的な説明をしてくれました。生徒達を「娘」といつも呼んでいますね。一人ひとりを大事にしている様子が伺えます。10名弱の選抜進学コースのセンター試験の平均点は、全教科で水戸三高を上回り、英数国の文系教科で桜ノ牧を上回ったそうです。今年は「点検・改善」の年にするということで、受験問題の傾向も若干変わるかもしれません。

 

・茨城…例年付属中からの入学者数が20名程いるが、昨年は入試制度の変更からか5名しか入学しなかった。それを考慮して今年度は合格点数を少し下げたら(例年320点程度→今年290点)、今年は少し入学者数が多くなってしまった(付属中出身者は18名)。来年度は例年通りに合格点をあげる予定。

 

・大成女子…志望学科を変えて受験する生徒が600名程もいるそうです(家政科+看護科)。受験料が今年度から2000円下げて、18000円に。

 

・岩瀬日大…推薦入試は0点さえなければ合格。(推薦基準は3科もしくは5科平均3.0)日大コースの日大合格率は4人中3人ということで、日大を目指す人はやはり付属高が最短距離ですね。

 

・水城…今年度からSBコースがスポーツ推薦枠になり、合格最低点が20~30点あがりました。(英語の平均点が高かったことも影響していると思います。)ただ、来年度は卒業生が多いということで、今年度(148点)より合格最低点は下がる予定。

 

~塾長blog~

塾長の橋本です。日々感じたちょっとしたことを書いています。